FC2ブログ

最新記事


おすすめ商品


プロフィール

ちーぼう

Author:ちーぼう
ちーぼうの、ブログへ、ようこそ!
娘がつけたニックネームで、三人の子供と、二人の孫がいてる
48才の、おばちゃん?おばあちゃん?です。
孫からは、ちーちゃんと呼ばれ、気持ちは、年齢より若いつもりだけど、身体には、自身がないです。


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日記
今日は、仕事が休みで、娘がまた車で仕事に行こうと言っていました。
パーキング代も、かかるだろうから、送って行ってあげる事にしました。

娘からは、「時間に間に合うから、走らないでいいよ!」と、
6月には、それで走って、階段から足をねじり落ちて捻挫をしてしまった苦い経験が・・・

娘が、家の鍵を閉めて、先に歩いて行きました。
無事に、娘を送り、やっと、車を駐車して、車から降りて・・・
家の鍵がない!
持って出るのを、忘れてしまっていたのです。

どんくさい!の一言!

もう一人の娘に、電話してもつながらず、送って行った娘には、すぐ連絡がつきましたが、また、送って行った場所に取りに行かないといけない~~

保育園に送って行った娘にもう一度、電話してもつながらず、仕方なく車で走っていくと、電話がつながらなかった娘が、道で立ち話をしているのを見つけました。
良かった。娘の仕事場まで取りに行かなくても良くなって。

鍵を預かり、すぐに鍵を取りにいくはずの娘に、何度も電話しても、今度は、こっちの娘につながらなくなりました。

なぜ?

LINEにも送り、既読にもならないし、気づいてくれるだろうと、家に帰りました。

それからは、買い物に出かけたりして、昼過ぎに帰ってきました。

今頃、娘から電話がかかり、
「鍵どうしたん?家に入れた?」
何を、言っているのだろう?と、思いながら、LINEに送った事と、鍵はもう一人の娘に、会って鍵をもらったと・・・

よく聞くと、鍵を私が取にくるのを忘れてた・・・と、
そのまま、仕事をしていたのだと・・・
気づいたのが、昼過ぎだったと・・・

あらま・・・私は、忘れ去られていたのでした

出かけるときは、鍵を忘れずにと、実感!
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 アレルギー体質のちーぼう all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。