FC2ブログ

最新記事


おすすめ商品


プロフィール

ちーぼう

Author:ちーぼう
ちーぼうの、ブログへ、ようこそ!
娘がつけたニックネームで、三人の子供と、二人の孫がいてる
48才の、おばちゃん?おばあちゃん?です。
孫からは、ちーちゃんと呼ばれ、気持ちは、年齢より若いつもりだけど、身体には、自身がないです。


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ロコモ
今日は、「腰痛のない身体介助術」の講習に行ってきました。

ヘルパーをしているせいか、すぐ腰痛になってしまいます。良い方法があるのかなと、期待していってきました。

介護の仕方ではなく、自分自身の身体の動きに問題がある事に気づかされました。

まず、股関節の動きが大事!
  しゃがみかかともつけ、稲をかるつもりで股関節を動かしながら、上下左右に動いていくのです。身体の固い私は動けてもスムーズにはいきませんでした。でも、決して無理にしないように、と。

椅子に立ったり、座ったりも、股関節を使うのです。
 しゃがむ時も、肩幅より大きく膝を曲げ足のつま先を外側に向けていき股関節を動かしお尻を下に下ろします。
 立ち上がりも、腰を曲げるのではなく、股関節を前に曲げると、自然にお尻が上がってくるのです。椅子に座っている時の脚の位置は、足のつま先と膝が床と垂直になるようにし、股関節を曲げ立ち上がると、楽に立つのです。
 座る時は、その逆で、股関節を曲げます。

今まで、股関節に意識を持って曲げたことはなく、多分、腰を曲げていたのでしょう。だから、腰を痛めてしまったのかな?

上半身は、肩甲骨を広げたり、つぼめたりして、腕の力だけでなく背中からの力で、持ち上げたりするのです。

その方法は、手の甲を内側に持っていき肩甲骨を広げて抱え込むようにしてから、手のひらを内側に戻すのです。そうすると、力の出方が全く違って力が発揮できるのです。

手の甲と、手のひら側との違いを、目の前でやって下さいました。こんなにも違うものだとびっくりしました。
手の甲を使うと、重たい物も軽く持ち上げているように見えました。

すごいですね








でも、基本が出来ていないものがすると、力ずくでしてしまうので、要注意!

基本が出来ていると、重たい人も持ち上げたり、下に倒れて自分で立ち上がる事が出来ない人も立たすことができるのです。

でも、股関節をうまく使えない私には出来ませんでした。

介助をするより前に、自分自身の、動きをよくしないといけないことが、よりいっそうに実感させられてしまいました。

整形外科でもらった腰痛体操も、股関節をよく動かすものでした。基本は、股関節を動かせるように、身体がやわらかくならないと、いけないのですね。

帰ってきてからわかったのですが、講習をして下さった講師の先生は、岡田慎一郎先生で、テレビにも出ている有名な先生だったのです。

身体のあり方、もっと考えていかないと駄目ですね。だんだんと、身体が固くなってしまいます。















テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

tag : ロコモ 腰痛 介助術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 アレルギー体質のちーぼう all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。