最新記事


おすすめ商品


プロフィール

ちーぼう

Author:ちーぼう
ちーぼうの、ブログへ、ようこそ!
娘がつけたニックネームで、三人の子供と、二人の孫がいてる
48才の、おばちゃん?おばあちゃん?です。
孫からは、ちーちゃんと呼ばれ、気持ちは、年齢より若いつもりだけど、身体には、自身がないです。


DATE: CATEGORY:リウマチ


リウマチの母が、膝の痛みの為に一人で立てなかったりで、膝の手術を勧められ、当初は自転車が乗れなくなるのが嫌だと言っていた母を納得させて、手術をすることになりました。

1月末の膝の手術が決まったのですが、それまでにお正月に腰を痛めて、圧迫骨折しており、動いていると骨が押しつぶされるからと、安静の為に膝の手術までに入院することに。

何処も悪くないのに、何の為に入院しているのかと愚痴を言ってました母は・・・

手術後は、1週間くらいで、リハビリを開始、と、話があり、1か月後には退院との話しだったのですが、

「痛い、痛い・・・」

と、リハビリが進まず、入院3か月になって、病院からは、これ以上ここの病院に入院できないと言われ、他の病院に2週間限定で、病院を転移しました。

その後、退院して、在宅では、ポータブルトイレを置き、ベットもレンタルして、昼夕の訪問介護で、見守りと食事の確保出来るようにしてもらいました。

母の性格では、動こうとし、1か月後くらい?か、トイレまで歩けるようになりました。

歩けるようになり、一安心。

でも、当初から、訪問リハビリをしてほしいと言っていたのですが、まずは病院でと言われ、病院では膝にホットパックをして伸ばす事をしていると、母は言っています。

歩き方が、前かがみで膝も曲げたまま、腰も曲げたまま・・・
「ゴリラみたいな、歩き方」
と、母に言っても、
「そんなことを、言われるのは、初めて」

昨日も、中山寺に行って、歩いている人をみて
「あんな、歩き方にはなりたくないわ・・・」
と言う。
「お母さんの歩き方は、あの人よりも酷い。」
と言っても、
「そうかな?」

まだら認知症もあるので、もう一つわかっていない。

また、別な所を痛めるよ。と話しても、母も兄も、いっぱい歩かせているから大丈夫!

歩けるからいいのではなく、歩き方に問題と話しても伝わらない。

何度言っても、同じで、がっかり・・・

tag : リウマチ ひざ痛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 アレルギー体質のちーぼう all rights reserved.Powered by FC2ブログ